引っ張っていってくれる人について

結婚できない理由のひとつのキーワード

、「引っ張っていってくれる人」について

女優でピアニストの松下奈緒さんも

「どんな男性が好みですか?」と聞かれた時、

「私、引っ張っていってくれる人がいいんです」

と言っていたそうですハートたち(複数ハート)

団塊の世代の女性は、

「男性を追い抜いてはいけない」

「控えめであることが女性の美徳」

という風潮があって、

その上で、「男に従うふりをしながら、手のひらで転がす」

女性が最強であると言われてきた。

まさに、私んちの両親がそうですね〜

でも、

最近のアラフォー(Around40=35〜45歳)以下の女性を見ると、

男を余裕で泳がすほどの手練(てだれ)は少なく、

まじめに「力強く引っ張っていってくれる男性」

を求めている傾向にある。

「結婚してから、何でも自分で決めていくのはしんどい」

と思っている人が多いと説明していますわーい(嬉しい顔)

うん、そういう傾向はあると思います。

私も、自分で決めるのはめんどくさいし、

それに、決めて失敗したときに彼氏のせいにできるし・・・あせあせ(飛び散る汗)

そんな中で

 「頼りない」の一言で女性に交際を断られてしまう男性が、

 一番多いそうです。

でも、

「引っ張ってほしい」というのも実は、

「私の気持ちを汲み取ってほしい」、

つまり「自分たちの好む方向に引っ張ってほしい」という、

都合のいい願望に過ぎないと思うと言っています

う〜んexclamation&questionそうかな〜あせあせ(飛び散る汗)

まっ!いずれにしろはっきりしない男性はちょっと・・・

私はですね〜失恋

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆








 

女性が結婚できない3つの理由

女性が結婚できない3つの理由

これは、日経ビジネスに載った記事のひとつです

とても、婚カツに参考になると思ったので

紹介したいと思います目

「結婚したいのにできない」という女性には必ず共通して口にする
3つの言葉があるという

1)「引っ張っていってくれる男性がいい」

2)「(結婚して)子供ができたら、しばらくは子育てに専念したい」

3)「(相手と)自然に出会いたい」

確かにという言葉だらけですね〜がく〜(落胆した顔)

 1)についてだが、
  “男らしく”リードしてくれる男性を好む女性は多い。

 2)については、就職氷河期世代にとっては
  「一生続けたい」と思うほどやりがいのある仕事に
  出合えなかったため、仕事に対する執着心が薄い。
  またはあまりに激務なため、
  出産年齢を考えると30歳ぐらいでそろそろひと休みしたい、
  という声も多いためだと説明しています。

  自分の思ったとおりの仕事に就いてる女性は
  子供をつくりたくないと思ってるでしょうからね。
  私の会社でも、結婚してもなかなか子供作らない
  女性がいますよ。

 3)については、婚活(結婚活動)をしたくない一番の理由として、  「自然な出会いが一番」と思う心情があるのだ。
  結婚とは、好きな人と出会って自然に結ばれるものだから、
  作為的なものが入るのは美しくないと思うし、
  プライドが傷つく。
  ガツガツと出会いを求める女性とは思われたくない。
 
  ということです。

  確かに、婚カツしないと結婚できないとか
  彼氏ができないなんて・・・私のプライドがあせあせ(飛び散る汗)
  なんて・・・微妙ですたらーっ(汗)

このような理由から結婚できない女性が増えている・・・ふらふら

この記事は 結婚、少子化など女性のライフスタイルに関する取材
を数多く手掛ける 白河桃子さんが書いたものです。

☆・。・☆・。・☆・。・☆・。・☆









  

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。