どんなに努力しても全くモテません・・・

チョリース手(チョキ)

日経ビジネスアソシエで
連載中の「渡邉美樹の快答乱麻」

に掲載された記事を紹介しますね!


どんなに努力しても全くモテません。
自分は生きる価値がないように思います


という読者からの相談に答えています。

では、その内容をまとめると

相手の女性が求める男性像について、

あなたが誤解している可能性はないでしょうかexclamation&question


として、就職活動を例に話していました。

つまり、面接をお願いしても、

最初から相手会社が望んでいる人材と食い違いがあると

いくら、就活しても意味がないということです。


同じように、

好きな女性にアプローチして断られてばかりでは、

落ち込むのも無理はありません。


しかし、あえて言うなら

「モテようと思いすぎると、ウソの自分になってしまう」

相手に気に入られることばかり考えると、

あなたらしさが失われてしまい、

不自然になり、

魅力が薄い人間に見えてしまうのです。


難しいのは、

努力を一切やめて開き直るのもまた、

よくないということです。


前向きに日々を生き、

無理のない範囲で自分を高めながら、

今後は自分らしさを大事にしてはいかがでしょうるんるん


そこを好きになってくれる女性が現れるかもしれません。


ということでした。

最近のTV−CMで

「理想を変えると、夢がみえてくる?!」(だったかな〜)

というのがあるけど、

あまりに理想ばかり追い続けても

夢・・・恋愛・婚活はなかなか成功しないかもね〜

やっぱり、

日々、自分らしくスキルアップしながら

一生懸命生きていけば
かならず、夢はかなうのではないでしょうか?

私も、そう思います・・・でも、あせる〜(><)








アラサー男子の婚活(コンカツ)必勝法

アラサー男子の婚活(コンカツ)必勝法

という記事を見つけました目

「アラサー(Around30、25〜35歳)男子が婚活をする時に、
磨くべきところは何ですか?」

その回答は、

 年齢を問わず「女性とのコミュニケーション能力」

「では、どうやって磨けばいいのですか?」と言われると、

確かに、返答に困りますねがく〜(落胆した顔)

これは、女性にも言えることだと思いますががく〜(落胆した顔)

婚カツという言葉が流行り始めてから、

そして、国も少子化対策の一つとして

結婚活動に対して補助金まで支出する時代に、

 男性のための「婚活塾」のようなサービスも出てきていて、

 「花婿学校」や「ナンパ塾」みたいな事業が出てきてます。

 そのほかに、

 結婚情報サービスが会員のための講座を開いている例も多い。

 しかしそこで「相槌の打ち方」などをいくら習っても、

 基本的な「女性と話をすること」へのハードルが高い人たちは、

「習うより慣れろ」しかないのだ、と書かれてましたるんるん

確かに、言えると思います。

私の会社でも、すんなりと話に入ってこれる男性と

なかなか話せない男性がいますよね〜

さて、どうすれば女性とのコミュニケーション能力を

身に着けることができるでしょうか。

この記事では、

「外国人女性とつき合ってみたら、どうでしょう」

とアドバイスされてました。

「一回、外国人女性とつき合ってみるといいんだよ。

  そうしたら、打たれ強くなるから」とのこと。

つまり、50代以上のおじ様たちが持っている「鈍感力」

を身につけたと言ってもいい。

女性から何を言われても怖くなければ、

女性を口説くことも容易であるわーい(嬉しい顔)

ただし、水商売の外国人ではなくて・・・パンチ

女性とコミュニケーションが取れるようになる一番の近道だと思う。

そして彼女たちとつき合った後、気がつくだろう。

 日本女性は、世界一優しいのだ、と。

同じアジア圏でも、タイでもフィリピンでも中国でも韓国でも、

とにかく女性は強い、そうですがく〜(落胆した顔)

自分の希望ははっきりと主張し、「なあなあ」は許さない。

夫が浮気などしようものなら、刃物が出てくる。

フィリピン人の妻を持つ友人は、大いに尻に敷かれていて、

「浮気だと誤解されないように、

  会社帰りに飲みに行くだけでも大変なんだよ」と

 常にビクビクしている、そうです。


そんな風には見えないけどな〜

外国人女性ってなかなか話す機会はないけど、

優しそうな感じがするけど・・・

そして、

若いうちの日本男子の「一時留学」をぜひ推奨したい。

 目的はズバリ「女性とおつき合いするための修業」。

 そのまま国際結婚してしまう男子がいてもよいし、

 男女間コミュニケーションのグローバルスタンダードを

 知った男子は、日本でもモテること間違いなしなのである。

とのことです。

もし、外国に留学できない人は、

近所の主婦(不倫はだめですよexclamation)や自分の祖母とか

とにかくいろんな場面で女性と話す機会をつくることだと

思います。

「学ぶより、慣れろexclamation×2」ですよ。

最初はうまく会話できなくても、

場数を踏むことで、だんだん話せるようになると思います。

後は、話題性豊かな男性になることだと思います。

では、がんばって!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

恋愛・結婚体質を磨くなら↓↓↓↓↓↓ムード






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。